看板の役割

飼い主の方へ情報を発信していますか?

対象となる動物名だけを表示したり、漠然としたイメージだけで看板をデザインしていませんか。

役割
獣医療機関としての特徴や、地域の方々が知りたい・困っている内容を看板やツールとして、ご紹介するために、自社の専門チームは貴院をブランディングし、イメージを形にすることが地域の獣医療に貢献するひとつのカギになります。

看板は情報を発信する大事なツール

役割
構造上の問題や、テナントの規約により、ご希望のサイズやレイアウト、また時間的な問題から必要な場所に十分なデザインが難しいケースがあります。
また、「動物病院と分かればいい」とおっしゃる先生もいらっしゃいます。
私たちは、たくさんお金を使い、広告費を上げ、病院をプロモーションしようという考え方ではありません。
先生方が提供されるサービスや、来院される方々、立地条件、内装等に見合ったデザイン・素材・レイアウトから、どのような看板にするか考える必要があるということです。 なぜなら、人は7秒以下の時間でその病院に注目するかどうかを判断しているからです。 人は見た目で判断してはいけませんが、見た目で判断されるものです。 さらに、看板(外装も含め)の見た目でサービスの質を勝手に想像してしまうのです。 せっかく質の高いサービスを提供しているのにも関わらず、興味を持たれない、もしくは看板の見た目で損をしているケースも十分にあるのです。

お気軽にご相談ください。

看板で悩んでいることはありませんか?
当社は看板の企画提案・製作施工・デザインのスペシャリストを揃えたプロ集団です。
集客やブランディングを看板の見地からサポートさせて頂きます。

新着施工事例

りほの動物病院
2014/01/10
りほの動物病院
セレブル動物病院
2014/01/10
セレブル動物病院
ヒロ犬猫病院
2014/01/10
ヒロ犬猫病院